『ともポケ』について  ~ ポケジェクト本部
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリをはてブに追加

ともポケ』は9月にポケジェクトで制作を開始した第2弾合同誌です。
「POKEMON for TOMORROW」=「明日のポケモン」という意味で、「友」や「伴」ともかけています。

『おとポケ』と同じくポケモンファンに寄稿をお願いすることで制作を進めていこうと考えていますので、
もし興味がありましたら以下のテーマとコンセプトおよび「寄稿協力のお願い」をお読みのうえ、
pokeject@gmail.comか@team_POJETにご連絡ください!


テーマ  ユーザーが創り出す明日のポケモン

なぜポケモンは15年もの間ずっと人気であり続けてきたのでしょうか。
今回ポケジェクトでは、これをユーザー主体の視点で見てみたい。
それも、同人誌だからこそできる方法で。

公式のメーカーが提供してくれる遊び方が重要だということは言うまでもありません。
そして公式の力がとても大きいのも事実です。
ですが、今、ポケモンには「ユーザーが独自に創り出してきた遊び方」がたくさんあります。
二次創作、ROM改造、ゲーム実況、対戦考察などなど……。
必ずしも法的に問題がないものばかりではありませんが、私たちはこれらを日常的に楽しんでいます。

これらの遊び方は最近のものではありません。
過去に創られてきて、現在も創られています。
それなら未来、明日も創られていくはず。
そして自由な発想によるユーザー主体の遊び方こそ、ポケモンにとってこれからより重要になるのではないか。

こうした考えから、「ユーザーが創り出す明日のポケモン」というテーマを設定しました。


コンセプト  ポケモンから考える
『おとポケ』では「ポケモンを語る」ことをコンセプトにしていました。
今回はそこから一歩進んで、ポケモンファンすなわち当事者としてポケモンについて考えてみたい。
上記のテーマは、まさに「何をどのように」考えるかの指針となっています。

でも、ポケモンについて考えるだけでいいのか?
むしろ、日本だけでなく世界中で大人気のポケモンについて考えることが、広くエンタメやコンテンツというものを考えることに繋がっていくのではないでしょうか。

そうした意味を持たせるため、「ポケモンから考える」というコンセプトを設定しました。




このエントリをはてブに追加

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ポケジェクト本部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。