新編集記1 「4人で初めてのニコ生、そして決意表明」  ~ ポケジェクト本部
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリをはてブに追加

本日、ポジェット団4人が揃って初めてのニコ生をやりました。
9月29日に僕(わたなべ)とそらでプレ配信をやったんですが、やっぱり4人が揃ってやってこそ「ポケジェクト第2弾、始動!」という感じです。
改めて気持ちが引き締まりました。

その4人というのは僕とそら、そして今度から協力していただくことになったぷらぶすさんとやすたんさんです。
ともに大学のポケモンサークルの方で、非常に頼りにしております。
ニコ生でも自己紹介していただいたんですが、ぷらぶすさんは横国のポケサーを創設した方、というより全国で初めて大学にポケモンサークルを作られた方です。
知り合ったのは、前回の『おとポケ』で寄稿していただいたのがきっかけで、今回顧問として協力をお願いしました。
やすたんさんはわせポケの方で、前回は途中から編集・校正のお手伝いをしていただきました。
その流れで、今回もまた編集長として協力をお願いしたというわけです。

ポケジェクト第2弾合同誌『ともポケ』のテーマは「ユーザーが創り出す明日のポケモン」です。
僕は作品やコンテンツが長く愛される条件の一つに、メーカーではなくユーザーが遊び方や楽しみ方を創り、発見することがあると考えています。
ポケモンはこれまでメーがーの力、影響力が非常に強かったんですが、これからもそのまま続いていくのでしょうか。
そうではないかもしれません。
すでに、いろいろな遊び方が生まれています。
二次創作、改造ポケモン、対戦考察、プレイ・実況動画、などなどなどなど。
ポケモンサークルもその一つでしょう。

ポケジェクトではそこに焦点を当てて、いくつかの企画を形にしようと考えています。
そしてもちろん、ポケモン好きの皆さんに寄稿していただきたい。
ポケモンへの想いを、書きつづってもらいたいのです。
これを機会に、どうでしょうか。
あなたの想いをポケジェクトではお待ちしております。
――寄稿について詳細

僕も、そらも、ぷらぶすさんもやすたんさんもポケモンが大好きです。
だから、これからも楽しみたい。
そのために何かできないか。
そう考え、ポケジェクトを成功させるため全力を尽くします。
成功とはつまり、より多くの人にポケモンについて考えて、語ってもらうこと。
その場としてポケジェクトや合同誌が機能すること。
そこからさらに、ポケジェクトがポケモンについて考えて語ること自体を「ポケモンの遊び方」とする礎になること。

一同、頑張ります!



このエントリをはてブに追加

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ポケジェクト本部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。