ポケジェクト本部
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリをはてブに追加

巷で噂のポケノブ
さすがにびっくりする組み合わせですね~。
舞台はランセ地方ということで、ゲームシリーズとリンクするのが気になるところです。
たぶんしないと思いますが……もしかして中部地方がモデルになるんでしょうか?

どういう感じのシステムになるのか分かりませんが、メーカー同士の連携もけっこう楽しみ。
例えばマリオRPGみたいな形のゲームが今後増えていく可能性もあります。
ポケモンがいろんなゲームに進出!?なことになるかも!


さて、12月も終わりそうです。
ポケジェクトでは現在寄稿者さんに原稿を執筆していただいている最中で、手元にはまだほとんど原稿がありません。
1月になれば状況も変わると思いますが、『おとポケ』の制作を振り返るに、スケジュールが1か月ほど伸びることもありえます。
そのあたりは10名以上参加する合同誌なので、なかなか厳しいものがあります……。
できるだけ延期しない方向で頑張ります!

で、『ともポケ』に掲載しようと思っている「ポケモンスーパークロスレビュー」。
レビュアーが全然集まらなくて困ってます。
ポケスペだけでもいいんで、どなたかいらっしゃいませんかねー。
お名前は掲載しますし、僕から最大限の感謝もします……!
よろしくですー

詳細→【書籍限定】ポケモンスーパークロスレビュー【レビュアー募集】

あと、ニコ生もこれからがしがしやっていきたいと思ってます。
寄稿者さんにお話をうかがうタイプのやつ。
適当にポケモン雑談したり考察したりな感じのやつ。
などなど。


スポンサーサイト

このエントリをはてブに追加

今回は第1弾の『おとポケ』の話。

ブログなどで『おとポケ』のレビュー、感想を書いてくださる方を募集してます。
別に肯定的でも否定的でも構いません。
ちゃんとしたものであればOKです。

「書いてみる!」という方には『おとポケ』を差し上げます!

てことでよかったら連絡ください~ → pokeject@gmail.com



このエントリをはてブに追加

ポケモンファンの皆さん、「ポケモンサークル」をご存知でしょうか。
これは同人サークルのことではなく、大学のサークルのことです。
そう! 今、多くの大学にポケモンサークルがあるのです!

その先駆けとなったのは、横浜国立大学のポケモンサークル「ポケラバーズの会」です。
そう! ぷらぶすさんが2009年に創設されたサークルです!
そこから関東の大学を中心に、続々とポケモンサークル略してポケサーが創設されました。
やすたんさんも「ポケモンだいすきクラブ早稲田支部」のメンバーで、実はポジェット団の顧問と編集長はポケサーの人なのです。

どこの大学にポケサーがあるのかは、上記の「ポケラバーズの会」ブログのリンクにかなり網羅されていますのでご参考に(おそらくすべてはリンクされていないような……?)。
ポケサーHPやブログのまとめがありましたら、教えていただければと。


さて。
今週から来週、再来週にかけて、全国の大学は学園祭のシーズンを迎えます。
そう! ポケサーもさまざまな催しを企画されています!
ポケモンファンの皆さん!
この機会に、ぜひ各大学のポケサーに遊びに行ってみましょう!

といっても、どこのポケサーがどういうことをするのか、という情報が必要です。
ご安心を!
SFCポケモンサークル「フジサワシティポケモンラボ」のいっきさんがまとめられております。

秋だ!学園祭だ!ポケサー巡りだ!(「21ばんすいどうから実況中継」)

ただ、関東の大学のみですのでご注意を。
関東以外ですと、北海道大学や弘前大学、京都大学、神戸大学などにポケサーがありますので、近郊の方は各自で情報を集めてみてください。
ポジェット団@team_POJETでも、関連情報を見つけ次第ツイートしたりRTしたりします。

ポケモンサークルは、ポケモンファンによるポケモンファンのための集まりです。
そう! ポケモンファンが遊びに行って楽しくないはずがない!
お近くの大学にポケサーがありましたら、ぜひぜひぜひ遊びに行ってみてください。


ポケジェクトとポケサーは直接には関係がありませんが、理念は同じ。
ポケジェクトはポケサーを全力で応援しています。


そして実は……いえ、これはまだ秘密!
第2弾合同誌『ともポケ』で何かサプライズがあるかもしれませんね……ふふふ。

 

このエントリをはてブに追加

本日、ポジェット団4人が揃って初めてのニコ生をやりました。
9月29日に僕(わたなべ)とそらでプレ配信をやったんですが、やっぱり4人が揃ってやってこそ「ポケジェクト第2弾、始動!」という感じです。
改めて気持ちが引き締まりました。

その4人というのは僕とそら、そして今度から協力していただくことになったぷらぶすさんとやすたんさんです。
ともに大学のポケモンサークルの方で、非常に頼りにしております。
ニコ生でも自己紹介していただいたんですが、ぷらぶすさんは横国のポケサーを創設した方、というより全国で初めて大学にポケモンサークルを作られた方です。
知り合ったのは、前回の『おとポケ』で寄稿していただいたのがきっかけで、今回顧問として協力をお願いしました。
やすたんさんはわせポケの方で、前回は途中から編集・校正のお手伝いをしていただきました。
その流れで、今回もまた編集長として協力をお願いしたというわけです。

ポケジェクト第2弾合同誌『ともポケ』のテーマは「ユーザーが創り出す明日のポケモン」です。
僕は作品やコンテンツが長く愛される条件の一つに、メーカーではなくユーザーが遊び方や楽しみ方を創り、発見することがあると考えています。
ポケモンはこれまでメーがーの力、影響力が非常に強かったんですが、これからもそのまま続いていくのでしょうか。
そうではないかもしれません。
すでに、いろいろな遊び方が生まれています。
二次創作、改造ポケモン、対戦考察、プレイ・実況動画、などなどなどなど。
ポケモンサークルもその一つでしょう。

ポケジェクトではそこに焦点を当てて、いくつかの企画を形にしようと考えています。
そしてもちろん、ポケモン好きの皆さんに寄稿していただきたい。
ポケモンへの想いを、書きつづってもらいたいのです。
これを機会に、どうでしょうか。
あなたの想いをポケジェクトではお待ちしております。
――寄稿について詳細

僕も、そらも、ぷらぶすさんもやすたんさんもポケモンが大好きです。
だから、これからも楽しみたい。
そのために何かできないか。
そう考え、ポケジェクトを成功させるため全力を尽くします。
成功とはつまり、より多くの人にポケモンについて考えて、語ってもらうこと。
その場としてポケジェクトや合同誌が機能すること。
そこからさらに、ポケジェクトがポケモンについて考えて語ること自体を「ポケモンの遊び方」とする礎になること。

一同、頑張ります!



このエントリをはてブに追加

copyright © 2017 ポケジェクト本部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。